『ドミニオンレシピ』

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

優れたボードゲーム評論サイト「遊星からのフリーキック」が、ゲームマーケット2009で頒布した同人誌。A5版、42ページ、400円。残部の通信販売もある(なくなり次第終了)。

ドイツ年間ゲーム大賞、ドイツゲーム賞を受賞し、まもなく発表されるドイツカードゲーム賞も有力候補となっている『ドミニオン』。否定的な意見もあるが、10年に1度あるかどうかの傑作であることは間違いがないだろう。

『ドミニオン』を遊ぶと、何やら定石がありそうなことはすぐ分かる。ありがちなのは「○○最強説」(『プエルトリコ』の宿屋とか、『サンクトペテルブルグ』の18貴族とか)だが、ドミニオンはカードのコンボとバランスの両方があるため、そう単純ではない。そんなときに、ハンドブックとして重宝するのがこの『ドミニオンレシピ』だ。

本書の構成はまず戦略の基本と各カードを概説した上で、いくつかの作戦を紹介している。一時期ネットで物議をかもした「お金プレイ」(本書では「ステロイド」)、巷で流れる「村最強説」を支える鍛冶屋とのコンボ(本書では「鍛治村」)は基本中の基本。このほかに「地下書庫」「高圧縮」「庭園ビートダウン」「魔女コントロール」「軽圧縮」「古本市」「属州枯渇」とどれも試したくなるような作戦ばかり。

それぞれの作戦では概要を説明した後、必要なカード構成、理論、ほかの作戦との相性、バリエーションなどを解説する。検証用プログラムまで使ったそうで説得力があり、なるほどと思うことばかり。それでいて、「はじめに」で本書に書いてあることは絶対ではないと述べ、この本を論拠に他人のプレイングを批判することを諌めている。

この本の目的は経験の差が大きく出がちな『ドミニオン』において、その経験の差を埋めることであるという。メンバーが誰もやりこんでいないならば、みんなで遊びながらこうした作戦を発見していくのも楽しみのひとつである。でも数多く遊んでいない人が、やりこんでいるメンバーに入るならば、一読していくことをオススメしたい。

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください