いいじゃない(Saugut)

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

カーカーブーブーうるさい

鳴き声でパートナーを見つけるパーティーゲーム。

まず手札から1枚、動物が書かれたカードを伏せて出す。そして全員同時に、その動物の鳴き声を出す。ブーブーブー、ヒヒーン、ワンワン、シュルシュル・・・同じ動物を出しているパートナーだと思ったら握手。同じ動物だったら捨てられる。手札を早くなくした人の勝ち。

これだけならありきたりだが、中に猟師カードが隠れていることでゲームが突然面白くなる。猟師を出している人は、ブラフでほかの動物の真似をして握手してくる。間違って握手すれば、猟師だけにカードを捨てさせることになってしまう。

そして、猟師が出るたび2枚ある動物のペアが1枚しかなくなる。残った1枚を出しても、パートナーはもう見つからない。そこで、毎回手札の1枚を左どなりの人に送るというルールがある。ババ抜きみたいになるところが面白い。

鳥に何種類かあったり、馬とロバがいたりして混乱。ぽちょむきんすたーさんがオウムで、パートナーが現れなくてオハヨーオハヨーと空しく鳴き続けていたのが笑えた。

お互いに鳴き声が分からなくなるくらい賑やかで、まるで動物園みたい。ルールでは、42人までできるとある。そんな人数でパートナー探しをしたら、いったいどうなることやら。

Saugut
J.-M.ポーティ/インタールード(2008)
3〜42人用/6歳以上/20分

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください