君はロボットだ!(You Robot)

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

言われたとおりにやる

種類の少ない命令で規定のポーズを取らせるアクションゲーム。『キャシュ&ガンズ』や『ゴーストストーリー』で知られたフランスノメーカー、レポスプロダクションの小さなカードゲームである。

2人1組(奇数の場合、1人が審判)になり、1人が博士、もう1人がロボットの役になる。博士がみんなでポーズを確認したら、それぞれ自分のロボットの前に立ってスタート。

博士が持っているコマンドカードは、「体」、「手」、「矢印」、「回転」、「つかむ」、「頭」しかない。これらを順番に見せてロボットを操る。しゃべっていいのは「ストップ」だけ。ジェスチャーも禁止。体、下、手、右、手、左・・・。ロボットは、黙々と指示に従う。ちなみに「頭」というのは「自分で考えろ」という指示で、これまでの指示や、ほかのロボットの動き、さらに創意工夫でポーズを取れということである。

最初に規定のポーズに達したチームが得点。奇数の場合、チームを組み直して次のラウンドを始める。

神尾さんがロボットとして優秀な活躍。かゆかゆさんの擦り込み作戦に素直に応じたり、最初からポーズの半分ができあがっていたり。クラウチングスタートのポーズでは4人が四つん這いに並んで何か屈辱的な感じ。夜の12時過ぎ、大の大人が何をやっているんだか。

でも、言葉はほとんど交わさず、ただただ言われた通りにやるだけなので、そんなに恥ずかしくない。マッドサイエンティストの研究室のような異様な雰囲気が楽しめた。ずっと同じ姿勢でいるのは疲れたけど、ロボットになるのもたまにはいいな。

You Robot
A.リボレ/レポスプロダクション(2009)
4〜10人用/6歳以上/20分

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください