エッセン0日目

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

今回のエッセン行きは格安航空券のアシアナ航空、インチョン経由フランクフルト行きとなった。込み込みで往復9万くらい。去年のエールフランスと比べると半額ぐらいである。

成田からインチョンは2時間半、インチョンからフランクフルトは11時間半である。乗り換え時間は1時間だけだから、意外に早かった。ただし、成田の出発時刻は午前9時。山形からでは前泊が必要な上、埼玉に泊まったので4時半起き。エレベーターもエスカレーターもない駅もあり、重いスーツケースを運ぶのは骨が折れた。

朝7時半、今回同行する神尾さん、karokuさん、ふうかさんのお三方と合流して飛行機へ。出国手続きの行列が予想外に長くて、係員と一緒に走っての搭乗となってしまった。ついでにインチョンでも、本屋に売っているボードゲームをチェックしているうちにギリギリ。のっけから珍道中の気配である。

さてアシアナ航空だが、これまでで一番快適なフライトだった。まず、食事が旨い。インチョン行きではカルビ丼、フランクフルト行きではご飯と焼き肉に味噌をつけて野菜で巻いて食べる料理が出た。それから、アメニティグッズの豊富さ。歯ブラシと歯磨き粉、アイマスク、スリッパが全員分付いており、到着時には希望者に顔パックまで用意してあった。そして、頻繁な飲み物サービス。ジュースと水を定期的に運んできてくれるので、到着までに1リットルは飲んだだろう。

日本語付きでみられる映画は少なかったが、それを補って余りある満足度である。ちなみに映画は『アイスエイジ3』『五右衛門』『トランスフォーマー:リベンジ』を鑑賞。おとんど寝ないで見ていたので目が充血気味。

空港に着陸してから1時間後にICEに乗ることができた。フランクフルト空港駅からエッセン中央駅まで約100分。窓口でつい一番早いのを頼んでしまったが、REでもよかったかもしれない。ICEだと79ユーロ。

今回の宿は日本人のshokoさんが経営するウィークリーマンション。エッセン中央駅から地下鉄に乗り換え、15分ほどの駅から3分で着く。メッセ会場にも直通で行ける便利なところだ。

予定よりも早く着きすぎてしまったので、shokoさんがまだ帰っていなかった。道に迷いそうになったが、人に聞いたり、建物に付いている番地を見たりして到着。ひとまず食料の買い出しに近くのスーパーへ。チーズやハムの品揃えのよさに小躍りする。今回の宿は自炊が基本なので(といってもパンにハムやチーズをはさむくらいだが)、このスーパーは重宝しそう。

宿に帰るとshokoさんが帰宅しており、チェックインを済ませた。shokoさんはとてもきさくな方でつい話が弾む。部屋は想像を遙かに超える広さで、エントランスルーム、ベッドが軽く4つくらい入りそうなのに2つしかないリビング・ベッドルーム、テーブルのあるダイニング、キッチン、バストイレ。これで1人1泊5,000円もしない。

こんなよい部屋をゲーマーが放っておくはずはなく、神尾さんと私の部屋、karokuさんとふうかの部屋のほかも全部いっぱいだった。しかも全員知り合いという世間の狭さ。来年の分も予約していこうかなと思った。

長かった1日はこれで終わり。明日の用事はないので近くを散策して楽しむ予定だ。
shokoさんの宿、3階左上の部屋に宿泊

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください