エッセン4日目

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

昨日はけがわさんに久しぶりに会ったのと、滞在最後の晩だったのとで、結局26時頃まで遊んだり喋ったりしていたが、7時前に起きた。shokoさんにわざわざ駅まで送っていただいて、会場に出発。shokoさん、温かいおもてなしをありがとうございました。来年もまたよろしくお願いします。気が早いかもしれないが、この宿の暮らしに慣れたらもうホテルには戻れません。

今回は、日曜日に日本で用事があるため金曜日に帰らなければならなかった。土曜発で日曜の早朝に着く便(ルフトハンザ)もあったが、もう売り切れてしまっていた。格安航空券の場合、売り出すのは遅く売り切れるのは早い。こまめなチェックが必要である。

そのため、午前中の用事を済ませ、お昼からインタビュー。今回インタビューしたのは『パンデミック』の作者M.リーコック。『パンデミック』は現在、14カ国語で計6万セットが売れているという。

国際ゲーマーズ賞の授賞式に出て、フェアプレイの人気投票をチェックし、ハバとアレアのブースで遊んでいた家族に突撃取材して終了。けがわさん、能勢さん、ヴァイスさんたちに見送ってもらって15時頃に会場を出る。また来年、エッセンで会いましょう(日本ではなかなか会えないものである)。

荷物は会場のクロークに預けてあった。15:00頃に会場を出て、15:53発のICEでフランクフルトへ。17:30着だったが、セキュリティチェックが入念で19:00発のインチョン行きにぎりぎりの時間だった。スーツケースは28kgで、規定を6kgオーバーしていたが、手荷物に移し変えるといって手間取っていたら係の人がそのままでよいと通してくれた。時間がなかったためだろうか。

ユーロを使っていると、お金の感覚が分からなくなってくるので、今回かかった費用を円に換算して計算してみる。

山形−成田往復 22,000円
飛行機代 90,000円
フランクフルトーエッセン往復 22,000円
エッセン地下鉄 3,000円(罰金含まず)
宿代4泊 16,000円
食費 7,000円
ゲーム代 40,000円
合計 20万円

ホテル泊まりならば、宿泊費はこの2倍以上になる上に、夕食をレストランで取ることになるため、3000円は増えるだろう。ゲーム代が多いか少ないかは別として、費用を十分に節約できたと思う。(了)
M.リーコック氏とインタビュー

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください