ビットイーン・ベット(Gamble 7: Between Bet)

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

ぴったりの快感

場に並んだカードの数字を見て、中間になるようチップを張るゲーム。今年のゲームマーケットでカワサキさんが発売したギャンブルゲーム集のひとつだ。『いい線行きまSHOW!』にも通じるところがあって面白い。

場に並ぶカードは7枚。このうち4枚は伏せられている。3枚のカードを見て、競りを行う。一番高い競り値をつけた人は、伏せられた4枚のうち2枚を見て、さらにチップを積み増してもよい。残りの人は、伏せられたカードを見ないまま、このチップを見て自分のチップを決める。そしてカードをオープン。

中間値の決め方がクレバーだ。まず一番数字の小さいカードと大きいカードを1枚ずつ落として5枚にする。そして小さいほうから2枚の合計を最小値、大きいほうから2枚の合計を最大値とする。この間が中間値で、賭けたチップの数が収まっていれば2倍、その中で最大ならば3倍の配当を得る。それ以外は、賭けすぎても賭けなさすぎてもダメ。

数字は1〜7があり、たいてい1や7は落とされるから最小値は(2と3で)5くらい、最大値は(5と6で)11くらいになるはずだが、同じ数字が入っている上に偏ることもあるのでこの限りではない。さらに「0」と「00」のカードが入っていると、最大値も最小値も2枚ではなく3枚の合計となり、中間値は上方修正される。

したがって最初に伏せられた2枚を見るのは非常に重要だし、見られなかった人は、見た人が賭けたチップの数が大きな手がかりとなる。より多くのチップを賭けて3倍を狙うか、少し下げて安全にいくか悩みどころだ。

「0」が入っている場で10〜13という狭い中間値を制して調子付いたかに思われたが、後半は1差で外すなど調子が狂って負け。よく練りこまれたゲームで、推理と度胸が試された。

賭博英雄伝セブン
川崎晋/カワサキファクトリー(2009年)
3〜5人用/9歳以上/15〜180分

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください