レオナルド(Leonardo)

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

絵を飾って価値アップ

レオナルド・ダ・ヴィンチが活躍したイタリアの都市を舞台に繰り広げるモノポリー。12面ダイスで移動し、止まったマスが誰かのものならばお金を払い、誰のものでもなければ権利書を買う。誰かが止まったときにもらえるお金は購入価格の半額だが、絵を買えば買うほど値上げできる。

イベントマスは何種類かあってちょっと面白い。プレイヤーは予め教皇派と皇帝派のどちらかに分かれており、アクシデントカードを引くとどちらかの派にお金が入る。市場では止まったプレイヤーが元締めとなって賭けを行い、ほかの皆が外れれば収入になる。同じマスに入ったら戦士カードでお金を奪う。

『モノポリー』と同様、街区が揃えば収入が2倍になり、交渉で交換することもできる。また最後は全員が破産するまで続ける。でも時間の都合上、この2つのルールは採用しなかった。お金がカツカツで、かつ借金はできないのであっという間に破産。絵を並べたちくたさんが1位。

絵は1枚1枚レプリカになっており、作者とタイトルが記されている。ボードも中世の雰囲気が出ていて、コマが直線的ではなく円形に回っていくのがよい。オーソドックスなルールで、ダヴィンチの時代に浸るというところに重きが置かれているのかもしれない。

Leonardo
M.ドナドーニ/egシュピーレ(1988年)
2〜6人用/10歳以上/90分

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください