読書の秋、ボードゲーム本続々

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

今月は久しぶりのボードゲーム関連本の出版が相次ぐ。

ゲームリンク』(Shoot the Moon)は新しいボードゲーム情報誌。創刊号となる今回の特集「No Game No Life!」では、ボードゲーム業界の有名人やサークルの代表などが自分のメモリアル・ゲーム!を披露する。国内だけでなく、M.シャハト(『ズーロレット』)やB.フェデュッティ(『操り人形』)など海外のゲームデザイナーも登場する目玉記事だ。ほかにも『ル・アーブル』攻略やリプレイコミックなど、充実の内容だが、一番の注目は、川崎晋氏の新作ボードゲーム『マーチャント・ギルド』が付録になっていることだろう。

ボードゲームショップなどで10月20日から発売予定。価格未定。今後は3ヶ月に1号のペースで刊行される。詳しくは公式サイトにて。

ボードゲーム・ジャンクション』(新紀元社)はグループSNE代表の安田均氏が7年ぶりに発表する書籍。月刊誌『Role&Roll』の人気コーナー「ボードゲーム・ジャンクション」で紹介してきのものを中心に、これまでに発売されたボードゲームの数々を一気に掲載。さらに、「ボードゲームリプレイ」「ウニ頭」「クローズアップ」の中から、それぞれ厳選した15本を収録する。2000年代のボードゲーム事情の総括や座談会など、本書でしか読めない記事も収録する。

アマゾンなどで10月下旬から発売予定。価格2800円。出版元のホームページに近刊として案内されている。

最後に、『放課後の魔術師 (5)スパイラル・メッセージ』(土屋つかさ/角川スニーカー文庫)を紹介しよう。学園を舞台に魔法が繰り広げられるライトノベルだが、『コロレット』が登場した第2巻に続き、今回も作中にいくつかのボードゲームが登場する。タイトルは明かされていないので、いくつ登場するか当ててみたい方は一読を。アマゾンなどで10月1日から発売中。価格580円。

秋の夜長、ボードゲームを遊ぶだけでなく、これらの本を読んで楽しみ方を広げよう。

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください