インクハート・ダイスゲーム(Tintenherz - Das Würfelspiel)

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

取られる前に取るか

ドイツの児童文学作品に基づく映画のダイスゲーム。原作"Tintenherz"(インクの心)は2003年に出版され、23ヶ国語に翻訳された。日本でも『魔法の声』(リンク:アマゾン)というタイトルで発売されている。国際的な人気を受けて、2005年に続編"Tintenblut"(インクの血・邦題『魔法の文字』)が、2007年に"Tintentod"(インクの死)が出版され、この3つをあわせて「インク三部作」と呼ぶらしい。

映画(リンク:公式サイト)はB.フレイザー主演で2008年に独米英で公開されているが、日本では公開されていない。『ロード・オブ・ザ・リング』『ライラの冒険』のニューラインシネマが製作元である。

ドイツのコスモス社はこれまで4タイトルのゲームを発売している。小説をもとにしたK.トイバー作のボードゲームと、映画をもとにしたカードゲーム・ボードゲーム・ダイスゲームである。いずれも国内では発売されていない。今回遊んだのはダイスゲームで、デザインはM.シャハト。

2個のダイスを振って、そのいずれかか、合計の数に一致するカードを場札から取る。ほかの人から奪ってもよい。取ったら、奪われる前に、またその数字を出して確保しよう。新しいカードを取るか、確保して取られないようにするかの選択が悩ましい手軽なゲームだ。

中にはマイナスのカードもあり、ほかに取れるものがなければ取るしかない。得点計算は、カードの数字の合計に、ハートマークをかけるが、ハートマークを1つ減らせば、マイナスのカードを帳消しにすることもできる。

最も出やすい2〜6のカードは攻防が激しく、速攻で確保する動きが見られた。一方、数字の大きいカードは取られにくいが確保もしづらい。映画ファンというだけの人にも遊べるミニマムなルールで、エキサイティングに仕上げているのはさすがシャハトだ。

トイバーのボードゲームの気になっているが、その前に原作を読んでみるかな。

Tintenherz - Das Würfelspiel zum Film
M.シャハト/コスモス(2008)
2〜4人用

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください