日系Kids+にボードゲーム特集

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

日経Kids+の新年号(2009年11月18日発行)に、「ボードゲームで盛り上がろう!」と題した記事が6ページにわたって掲載された。同誌でボードゲームが紹介されるのは2008年4月号の「親子で創造力アップ!手作りゲーム」以来。

記事ではボードゲームを記憶・認識・アクション・戦略・パズル・心理戦・運の7つに分類した上で、それぞれ1ゲームずつボードゲームを紹介している。紹介されているのは、上記の順に『子やぎのかくれんぼ』、『妖精探しゲーム』、『スティッキー』、『ブロックス』、『ドメモ』、『ガイスター』の6タイトル(運ゲームはなし)。それぞれ写真図解で詳しく説明されており、またメビウスゲームズすごろくやのほか、アマゾンや楽天で買えることも明記されている。

諏訪東京理科大学教授の篠原菊紀氏(脳システム論)と、NPO法人「ゆうもあ」理事長の一階良知氏がボードゲームの教育的効果を解説したり、小さい子供用の将棋の遊び方や関連ゲームが紹介されていたりと幅広い。

ほかにも「親子で異文化に触れて、遊んで、学ぼう!」という記事で、フィリピンについて学ぶゲーム『NEW マジカルバナナ』や世界の子供たちの現状を体感するゲーム『Hi5!』、ニュースで新製品『ことわざかるた』が紹介されており、小さいお子さんをのいるボードゲーム愛好者におすすめ。

日経KIds+
メビウスママのひとりごと:日経Kids+

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください