遠方からゲーム会へ

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

文化の日はボードゲーム!ということで一昨日、自宅ゲーム会を開いたところ、県内はもとより、秋田、新潟、仙台、郡山から11名のご参加を頂いた。いつものゲーム部屋、布団を片付けた寝室、椅子を片付けた書庫の3部屋に分かれ3卓で遊ぶ。午後1時から7時まで遊び、宅配ピザを食べて1時間ほど談笑して解散。初対面も多かったが、そんなことを感じさせないのがボードゲームのいいところだ。

家まで秋田からは250kmで4時間、新潟からは130kmで2時間半、郡山からは120kmで2時間半、仙台からは100kmで2時間かかる。全員の往復移動距離を合わせると2780km、1人あたり252kmである(乗り合わせがあったので走行距離の合計は1760km)。朋あり遠方より来たる、また楽しからずや。 こうして遠路はるばる遊びに来てくださる仲間にひたすら感謝。

こうして地図を作ってみると、我が家は南東北のヘソのようになっていて、主要都市からいらっしゃる方々の集合場所として便利なのではないだろうか(どこからでも遠いとも言えるけれども)。

これだけ遠方からいらして頂けるということの裏を返せば、東北のボードゲーム人口がとても少ないということでもある。サークルを開いても、ずっと2人とか、1人で本を読んでいるという話も伺った。少ない仲間なので大事にしたい。

そしてこの日記をお読みの山形県民の方、興味があったら御一報下さい。これだけ遠くからいらっしゃっている中、地元の置賜地方からゼロというのは寂しいです!

いつもは遊ぶタイトルによって卓分けするが、今回はエッセンの新作が目玉だったのでくじ引きにした。『ヴァスコ・ダ・ガマ』、『ボードゲームギークゲーム』、『羊のショーン』、『アラカルト新版』を遊ぶ。レポートは下記のサイトか、順次当サイトにて。

秋田ボードゲーム倶楽部:山形ゲーム会
新潟ボードゲーム倶楽部:O氏自宅ゲーム会
くさのまのボードゲーム&その他日記:「一期一会ゲーム会(09−11−3)」

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください