アドアストラ(Ad Astra)

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

自分だけの得点源探し

宇宙を舞台にした建設ゲーム。イタリアのメーカー、ネクサス出版が始めた著名デザイナーシリーズの第1作で、フランスのフェデュッティとラジェを起用。ルールブックには同じフランス人デザイナーであるB.カタラがデザイナー紹介文を寄稿するほどの力の入れようである。ホビージャパンがネクサス版、アークライトがファンタジーフライト版を扱う。

遠い未来のお話。太陽系の惑星全てに住めるようになった頃、太陽が衰え始め、人類は新たな住処を探さなければならなくなった。そこで資源を集めてコロニー、工場、宇宙船を作り、遠くの星を地球化しよう。

ゲームは、アクションカードのプロットと実行からなる。まず手番順に自分の手札から1枚ずつ、アクションカードを裏にしてボードに並べる。何番に置いてもよいが、アクションは全員が置き終わってから1番から実行される。また、ほかのプレイヤーも一緒に置き、誰が置いたアクションでも全員実行できる(『レースフォーザギャラクシー』のように)ので、ほかの人のアクションを読んで、その一歩先をいく選択をしたい。

アクションには、資源の産出、宇宙船の移動、建設、資源の交換、得点の5種類がある。

資源の産出では、カードにある2つの資源のうち、カードを出したプレイヤーが選んだ資源の惑星に、宇宙船・コロニー・工場を置いている人が全員資源を受け取る。ほかの人と同じ資源を作るように配置していればたくさん手に入るだろうが、自分しか産出できない資源を作っておくのも手だ。

宇宙船の移動では、カードにある恒星系のうち、どちらかに移動するか、その恒星内で別の惑星に移動する。新しい惑星に移動するときは、その恒星系にあるタイルを全て探査した上で1つ選ぶことができる。ほしい惑星が限られているときは、惑星の多い恒星系に行こう。また、移動にはエネルギーがかかるので、どこかの惑星でエネルギーをコンスタントに産出できるようにしておいたほうがよい。

建設では、これまで集めた資源で宇宙船・コロニー・工場の建設か、地球化を行う。それぞれ必要コストが異なり、何に重点を置くかによって作るものが変わる。資源に過不足があれば、交換でほかのプレイヤーや銀行と交換できる。この部分は『カタン』風だが、予めプロットしておいたところでしかできないのと、建てれば即得点というわけではないのが大きな違い。

得点は、得点カードが出たときに入る。カードにある2つの得点方法のうち、カードを出したプレイヤーが選んだ方法によって、全員が得点する。単独トップで得点した人はさらに3点ボーナス。得点方法はコロニー+工場の数、宇宙船の数、地球化した星の数、入植した恒星系の数、資源カードの枚数の6種類。ほかの人と違う系統で伸ばし、その得点ででボーナスを稼ぎたい。

序盤に金属の惑星からスタートしたPsy+さんがすぐ宇宙船を作って宇宙船でのボーナスを確立。これを追う私はすぐ地球化を行って荒稼ぎした。nagaさんはエネルギーのモノカルチャーで、交換でほかの資源を手に入れる戦略を取ったが息切れ。終盤からどうしようもないくらいの大差がついてしまったが、2本目の地球化を完了した私がそのまま1位。

プロットが織り成す心理戦と、くじ引きのような惑星探索、そして得点方法をめぐる駆け引きが楽しめる洗練されたゲームである。

Ad Astra
B.フェデュッティ、S.ラジェ/ネクサス出版(2009)
3〜5人用/10歳以上/90分

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください