イラスト募集中(Einfalls-Pinsel)

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

強硬な意見がブラフに

ゲーム内容はこちら。絵を描くゲームというと不得意だからと尻込みする方も多いが、上手である必要は全くない。それどころか、何を描きたかったのか分からないくらい下手なほうがむしろよい。今回もたくさんの名作が登場して笑わせた。

みんなが描いたイラストを、ランダムに3枚ずつ出し、広告のコピーが発表される。コピーに合うイラストはどれか、自由に意見を述べる。その後で採点して、得点をイラストに記入しておく。それからイラストの作者が誰かを予想するフェイズがあり、また新しいイラストとコピーが出る。

一番笑え、そして考えるのは自由に意見を述べるところ。自分の作品を推して点数を稼ぎたいが、あからさまだったり我田引水だったりすればするほど怪しまれる。そこでほかの人の作品も適度にほめつつ、さりげなく自分の作品もアピールする。場合によってはマークを外すため、ほかの人の作品を強硬に推す場面も。何しろ最後まで自分の作品だと当てられなければ5点も入る。ブラフもしたくなるというもの。

tomokさんの描いたもじゃもじゃなキャラクター。1周目はドッグフードのイラストで「これは犬なんです」と説明されていたのに、2周目は政治ポスターのイラストで「これは政治家なんです。」ミステリーのイラストで円盤の絵をゾウリムシに見立てたり、ドラえもんをブルーマンだと言ったり、よくぞこれだけ想像性がはたらくものだとみんなで笑った。

Einfalls-Pinsel
K.トイバー/ASS(1990年)
3〜5人用/12歳以上/30分

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください