アークライト、『あやつり人形』日本語版など発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

株式会社アークライトは18日、『あやつり人形』と『レッド・ノベンバーを救え! 』の完全日本語版、そしてオリジナル商品『たんとくおーれ』の3点を一挙に発売した。

『あやつり人形』は7つの職業をほかの人に分かられないよう選んで、建物を建てるカードゲーム。フランスのゲームデザイナーB.フェデュッティ氏の作品で、2000年にドイツ年間ゲーム大賞で最終ノミネートに残ったほか、水道橋のボードゲームショップ・メビウスゲームズでは『ニムト』に次ぐ売れ筋商品となっている。今回日本語版になったのはアメリカのファンタジーフライト版で、拡張の『ダークシティ』も入った決定版。これまで対照表を見なければならなかった特殊カードがそのまま遊べるのは嬉しい。

『レッド・ノベンバーを救え!』は潜水艦に閉じ込められたノームたちが生き残りをかけて協力するボードゲーム。これもB.フェデュッティの作品で、8人まで遊べるところが特徴。火事・浸水・システムエラーと災厄が次々と襲い掛かるパニックの中で、冷静な判断ができるだろうか。イベントカードのテキストが日本語化され、雰囲気を損なわずに遊べるようになった。

『たんとくおーれ』はメイドをモチーフとした『ドミニオン』風のデッキ型カードゲーム。先日お知らせしたとおり、20日(日)に体験会が開かれる。

先月発売された『海賊免許』日本語版もB.フェデュッティの作品で、バラエティにとんだ作者のゲームを遊び比べるには絶好の機会といえよう。

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください