メビウス売れ筋情報2009

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

水道橋のボードゲーム専門店メビウスゲームズは、毎年恒例となっている過去1年の売れ筋リストを公開した。4年間首位の座を守っていた『ニムト』が、ついに『ごきぶりポーカー』に明け渡している。

『ごきぶりポーカー』は自分が受け取った動物のカードをウソがばれないように相手に渡すブラフゲーム。昨年のテレビの深夜番組で取り上げられた後(日テレ「スペシャルギフト」にカードゲーム)、扱っているショップに注文が殺到した。ただ『ニムト』も相変わらず好調で、3位以下を2倍以上引き離しているという。

3位の『お邪魔者』は発売7年目になるロングセラー。昨年5月に日本語パッケージ版が発売されて勢いをつけた(『お邪魔者』日本語版)。4位は絶版になってすぐ再版がかかった『はげたかの餌食』、5位は同じく昨年9月に日本語パッケージ版が発売された『カルカソンヌ』(『カルカソンヌ』日本語箱に)。6位には昨年暮にアメリカのファンタジーフライト版をもとに日本語版が作られた『あやつり人形』が入っているが、5位と6位には販売数量に2倍近い差があるという。

メビウスゲームズがオリジナルで発売したばかりの『ワードバスケット』は8位。2009年度に発売された新作では『もっとホイップを!』が最高の9位。一昨年来、圧倒的な人気を集めている『ドミニオン』は、日本語版が他社から発売されているためか、リストに入っていないようだ。

かつてメビウスゲームズの三大売れ筋ゲームといえば『ニムト』『カルカソンヌ』『あやり人形』だったが、日本語パッケージ化の影響もあって、『ごきぶりポーカー』『ニムト』『お邪魔者』がこれからも勢いを保つことになりそうだ。

メビウスゲームズ:販売数量ベスト20
TGW:メビウス7年間の販売数による人気ゲームの分析

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください