『砂漠を越えて』日本語版発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

輸入ゲーム販売のホビージャパンは今月、陣取りボードゲーム『砂漠を越えて』日本語版を発売した。アマゾンでは2月13日の発売予定となっているが、ボードウォーク(岡山)やアークライト(東京)が2月5日付で販売を開始している。2〜5人用、15〜45分、10歳以上、4200円。

『砂漠を越えて』(原題Durch die Wüste)は、日本でも人気の高いイギリス在住のドイツ人ゲームデザイナー、R.クニツィア氏によるもので、1998年にコスモス社(ドイツ)から発売された。砂漠を舞台に、ラクダのコマを置いてキャラバン隊を伸ばし、井戸やオアシスを囲んで確保する。囲碁の要素をもった陣取りゲームで、ルールはシンプルながら奥が深い。また、人が乗った色とりどりのラクダがボードに並ぶ様子は美しく、見た目にも惹きつけるゲームだ。

1998年にはドイツ年間ゲーム大賞ノミネート、ドイツゲーム賞4位を獲得し、オランダ、フランスでもゲーム賞にノミネートされている。また、『チグリス・ユーフラテス』、『サムライ』(ボードゲーム)と共に、クニツィア氏のタイル配置ゲーム三部作のひとつにも数えられる名作である。

今回ホビージャパンが発売したのは、ファンタジーフライト社(アメリカ)の英語版を元にしている。アラビア語風のロゴがゲームの雰囲気をよく伝えている。定番ゲームとして、ロングセラーになることが期待される。

ホビージャパン:砂漠を越えて
play:game評価コメントリスト:砂漠を越えて

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください