『ボードゲーム・ジャンクション』発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

新紀元社は3月1日付で『ボードゲーム・ジャンクション』を発売した。安田均、グループSNE著、B5判176ページ、2,940円。専門店では明日あたりから入荷し始める様子だ。

定期刊行のTRPG専門誌『Role&Roll』の人気コーナー「ボードゲーム・ジャンクション」で紹介してきたのものを中心に、これまでに発売されたボードゲームの数々を掲載。さらに「ボードゲームリプレイ」「ウニ頭」「クローズアップ」の中から、それぞれ厳選した15本を収録する。2000年代のボードゲーム事情の総括記事や座談会記事などの書き下ろしや、安田均氏が選りすぐりの名作140点を一挙紹介するコーナーもある。

安田均氏のボードゲーム書籍としては、2006年に発行された『ゲームを斬る』(新紀元社)以来4年ぶり。2002年の『安田均のボードゲーム大好き』から4年ごとにボードゲーム書籍が刊行されていることになる。前回から4年間に発売されたドイツゲームの動きを追いながら、安田氏がどのようなドイツゲーム史を描くか注目される。当サイトでも入手次第、書評を掲載する予定。

発売まで待ちきれないという方は、グループSNEで開かれた今回の著者インタビューや、10年ほど前に安田氏が連載していた「ゲームバトルロイヤル」のバックナンバーを読んでおこう。

今週の土曜(27日)に大阪のイエローサブマリンなんば店にて開かれる発売記念イベントについてはこちら。参加申込はまだ締め切られていない模様だ。

新紀元社:Role&Roll Extra ボードゲーム・ジャンクション

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください