11ニムト(11 nimmt!)

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

じっくり考えてバースト回避

順番に1枚ずつ、手札を場に出す。出し方は前に置かれているカードの数字より+1〜+10まで。+11以上しかなくて出せなかったら場札を引き取って手札に入れる。バーストするたびに場札は1つずつ増え、出せるカードも増える。そして最初に手札を出し切った人の勝ち―。

発売16年、日本語版も発売されている人気カードゲーム『ニムト(6ニムト)』の姉妹編として、今年発売された『11ニムト』はシンプルなバーストゲームである。『ニムト』のような盛り上がりはないが、その分じっくり考えさせる。

『ニムト』は一斉に出すが、『11ニムト』は順番に出すので、その後が読みやすい。バーストしないようにするには、次の手番に自分が出せるような布石を打っておくのがよい。例えば数字が近いカードが続いていれば、下から出す。そうすればほかの人が出さなかった場合、自分がその次を出せる。また、場に似たような数字が複数あるときは、そこに出せるカードを後回しにする。次の手番もそのままになっている確率が高いからだ。

もちろん、この戦略だけではないし、戦略がいつも成功するとは限らない。戦略をいろいろ考えたくなるのは『ニムト』のようだが、手番順があることで先が読みやすく、戦略が実りやすい(『ニムト』の戦略は、じゃんけんの攻略法みたいなものである)。手札の構成と場札の状況を見て、ベストな選択をしたい。

残り2枚になったところでバーストし、取った札を覚えられてしまった。でもその札を先に出し、もう1枚はどうにも防ぎようがなくなって勝利。上記のような戦略が奏功したのが嬉しい。箱の基調である水色のイメージ通り、クールなゲーム。『ニムト』と比べて盛り上がらないというのは、欠点ではない。

11 nimmt!
W.クラマー/アミーゴ(2010年)
2〜7人用/8歳以上/30分
メビウスゲームズ:11ニムト

リンクフリー このバナーをお使いください