レガッタ(Regatta)

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

気まぐれな風を味方に

レガッタ

ころころ変わる風向きにうまく乗って、ヨットで湖を一周するレースゲーム。1989年のドイツ年間ゲーム大賞ノミネート作品だが、オリジナルはアメリカの3Mゲームズから1967年に発売された40年以上前の作品である。

ヨットは縦横斜めの8方向に進む。最初にダイスを振って、風向きと進むステップ数を決定。風向きは中央の円盤で表し、現在どの方向に進もうとすれば、1ステップで何マス進めるかが示されている。真向かい風だと1マスも進めないが、斜め後ろからの追い風だと3マスも進める。

そして順番にヨットの移動。方向変換は、ステップごとに45度ずつ変えられる。進みたくなくても強制的に流されてしまうので、真向かい風の方向に変えて進まないという手もある。ほかのヨットを押しのけては進めないから、細いコースでは先にいいポジションを取っておきたい。

それから斜めの移動がしやすくなるカードと、ゲーム中に2回だけスパートをかけられるカードがある。1マスを争う場面もあるので、このカードをうまく使うことが重要だ。

6人で一斉にスタート。2つのブイを回って帰ってくるのだが、スタート位置の関係でくさのまさんと鴉さんは反時計回り、残り4人は時計回りのルートとなった。写真は逆方向に進むグループがすれ違っているところ。

ダイスの目の中に「風向きを左右好きな方向に変えられる」というのがあるため、4人のグループのほうに有利な風向きになりがちだったが、4人だと混雑していいコースが取れない。風下にいると進めるステップが減るというルールも地味に効く。そのためゴール前は2人グループトップの鴉さんと、4人グループトップの神尾さんがデッドヒートを繰り広げることになった。でも直線コースを快調に進んできた神尾さんがわずかの差で優勝。

風向きはダイスでどんどん変わるため、戦略よりも戦術が求められる。「ぐわぁ、向かい風になってしまった!」「やった、追い風だ〜」などと風向きに一喜一憂しながらワイワイ楽しんだ。

Regatta
F.ティボー/クレー(1989年)
2〜6人用/10歳以上/60分
絶版・入手難

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください