シン・アイス(Thin Ice)

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

氷上のガマン比べ

紙ナプキンを固定した輪に、破らないようにボールを置いていくキッズゲーム。ボールは少々ぬれていて、置くたびに水が広がって破れやすくなる。

紙ナプキンをセットして、ボール置き場に水を入れたらスタート。順番にボールをトングでつまんで、「氷」の上に置く。ポトリと落としてもいいし、そっと置いてもよい。ボールが置かれると、「氷」にはシミがじわりと広がり、どんどん危険な状態になっていく。

紙でも多少弾力はあって、やすやすとは破れない。でもその弾力が曲者で、同じところばかりが窪み、ボールがそこに集まって破れやすくなる。まだ大丈夫そうなところを探してボールを置きたい。

ボールを置いたらすぐ次の人にトングを渡す。「氷」が破れた時点でトングを持っている人が負けとなるからだ。

さていよいよ「氷」が割れるとき、これまたじわりと裂け目ができる。そして落ちていた紙がボトボト。「あ〜あ」金魚すくいに失敗したときのような脱力感がおかしい。これで落とした人の負けで1ラウンドが終了。ここまでだいたい5分。また新しい紙をセットして次のラウンドを始め、誰かが3回負けたときに負けの少ない人の勝ち。

くさのまさんとサシで勝負。上から容赦なくボトボト落とすくさのまさんに、はらはらしながらそっと置く私。置き方に性格も出る。序盤はボトボト落としても持ちこたえるが、後半になるとどう見ても危なげ。いったん置いたボールが転がって、ベリベリと破れ始めることも。

水を使って紙を破るとは、よく考えたもので感心した。深く考えることはなく、ノリで楽しめる。

Thin Ice
L.H.ハリス/プレスマントイ(1992年)
2人以上/5歳以上/30分
プレイスペース広島:シン・アイス(薄氷)
(写真の上にマウスを置くと、「氷」が破れたところの写真に変わります。)
シン・アイス

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください