ルーピノ(Loopino)

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

カーリングカードゲーム?

小箱に入った60枚のカードでバラエティとウィットに富んだゲームを作り続けているアドルング社の中で、ひときわ異彩を放つゲーム。カードを投げて、ターゲットからの近さを競うというアクションゲームである。冬季オリンピックで流行ったカーリングを髣髴とさせる。

スタートプレイヤーがターゲットカードをテーブルに置いたらゲームスタート。予め決めておいたリリースポイントから順番に1枚ずつカードを「投げる」。フリスビーのように回転させてもよし、テーブルの上を滑らせてもよし、上から放り投げてもよし。

全員が6枚全部のカードを投げ終わったら、どのカードがターゲットから近かったかを調べる。カードには四隅に+マークがついていて、この+マーク同士の近さを測る。親切なことに長さを図る目盛りまで付いていて、ミリ単位で決着がつく。

カードには1〜6の数字があって、一番近かったカードの数を見て、その枚数だけ近い順に得点が入る。4だったら、4枚が得点対象。そして得点は、カードの数字×今空いている(ほかのカードに覆われていない)+マーク。

カードの順番は自由だが、数字の小さい順に出すとよいだろう。そうすれば大きい数字のカードがほかのカードに覆われたり、はね飛ばされたりする可能性が減る。また1枚投げるごとに腕が上がってくるかもしれない。相手のカードを覆いつつ、ターゲットカードのすぐそばに入れられたら最高だ。

とはいえ、テーブルから落ちたり、裏返ったりすることもしばしば。今回はさらに、ターゲットのはるか手前で止まったカードに、ほかのカードもひっかかって吹き溜まりのようになっていた。6のカードで最高点をマークしたtomokさんが優勝。

真剣にやったからといって上手にできるわけではないが、投げ方を工夫したり、角度をつけたりと皆さん研究熱心なのがかえって笑えた。

Loopino
K.アドルング/アドルング・シュピーレ(1997年)
2〜10人用/6歳以上/10分
プレイスペース広島:ルーピノ

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください