ドイツ年間ゲーム大賞2010は『ディクシット』

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

ドイツ年間ゲーム大賞(Spiel des Jahres)審査委員会は本日10時30分(日本時間で17時30分)よりベルリンで記者会見を行い、今年の年間ゲーム大賞を発表した。先月発表されていたノミネート5タイトルの中から、今年の大賞に選ばれたのは『ディクシット(Dixit)』。

会見はまず、特別賞「年間大賞プラス」に選ばれた『果てしなき世界』の発表からスタート。次に5タイトルのノミネート作をアルファベット順に発表し、最後に大賞を発表した。会見はわずか30分で終了している。

『ディクシット』はバラエティに富んだイラストのカードから、親が言ったイメージ(単語、フレーズ、歌など何でもよい)を聞いて当てるコミュニケーションゲーム。親は、できるだけ正解者が少ないように伝わるか伝わらないかぎりぎりのイメージを伝えなければならない。デザイナー、イラストレーター、メーカーともフランスで、外国のゲームが受賞するのは『チケットトゥライド』(2004年)以来5年ぶり。

フランスの個人出版社リベルーから2008年に発売され、昨年のフランス年間ゲーム大賞、スペイン年間ゲーム大賞も受賞。ドイツ語版は2009年のエッセンでアスモデ社から発売されていた。日本ではホビージャパンが取り扱っている。言語依存がなく、ルールが簡単であまりゲームを遊ばない人でも楽しむことができる。

先月同時にノミネートが発表されていた年間キッズゲーム大賞の発表は、今年から別日程となり、8月2日にハンブルクで発表される。

ドイツ年間ゲーム大賞2010ノミネート発表
TGW:ディクシット

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください