『ばるば★ろっさ』発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

アークライトは26日、デッキ型カードゲームの第4弾となる新作『ばるば★ろっさ』を発売した。2〜5人用、12歳以上、60分、3,990円。

今回のテーマは「架空第2次大戦もの」。ファンタジーの国「ドイツ国」の一軍団長として、「スターリン」という邪悪な魔王打倒のため、部隊を整えつつ、王都モスクワを目指して進軍する。

手番にはまず補給カードをプレイしてテーブル上にある各種部隊カードを買い、配下の部隊(=自分のデッキ)充実させる。ある程度集まったら、戦闘開始。簡単に落とせる「高地」から、「陣地」、都市と順に攻め落としていく。いきなり都市を攻めてもよいが、ロシアの援軍が隠れていて失敗するリスクも。しかし準備に時間をかけすぎると、ライバルに先を越されてしまう。

誰かがモスクワを陥落させた瞬間にゲームは終わり、目標カードなどの勝利点を一番多く保有しているプレイヤーの勝利となる。モスクワを落としたからといって、勝てるとは限らない。

前作の『くにとりっ』と同様、テーマとは裏腹に登場人物はみんな女の子で、萌え絵のイラストになっているところも特徴だ。

発売を記念して7月4日(日)には、発売記念イベントが東京・秋葉原で開かれる。無料体験会のほか、指定店舗かアークライト通販で購入した人にサイン会もある。ほかにもボードウォーク岡山店の協力により、高知・岡山でも体験イベントが行われる。詳しくは公式サイトの「イベント情報」を参照のこと。

アークライト:ばるば★ろっさ

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください