8月1日、都内でワードバスケット大会

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

来月1日(日)、目黒区民センター(東京都目黒区)にて、ワードバスケット大会が開かれる。日本ゲーム協会(JAGA)、メビウスゲームズ、小林俊雄氏による共催で、参加費無料。

『ワードバスケット』は、場札の文字から始まり、手札の文字で終わる言葉を誰よりも早く思いついて手札を出し、先に手札をなくすことをめざす高速しりとりカードゲーム。昨年の秋にメビウスゲームズから再販され、初心者向けの定番としてすでに5000セット販売されるなど、人気を博している。

今回の大会は各テーブル4〜5人で予選を4回、決勝を1回行い優勝者を決める。各テーブルではチップを10枚置き、ゲームに勝ったら1枚獲得。10ゲームを行ってチップがなくなるか、制限時間(15分予定)がきたら1回戦終了となる。予選は毎回メンバーが変わり、チップの総数の多いプレイヤーが決勝に進出します。決勝は20枚のチップで戦い、もっとも獲得チップ数の多い人が優勝するというルール。優勝者、準優勝者および上位入賞者には賞状、カップのほか、メビウスゲームズより記念品が贈られる。

誰でも参加可能(小学生以下は保護者同伴)。申込みは、下記のホームページやJAGAの例会で受けるほか、大会当日も12:00より参加申込みを受け付ける。ただし定員100名に達し次第〆切。

『ワードバスケット』は過去にもゲームオリンピック(2003年)の競技種目となり、超高速の激しい戦いが繰り広げられた。共催者で作者の小林俊雄氏は「たまには仲間うち以外とも遊んでみたい」「他に人たちはどんな風に遊んでいるのかな」「やったことないけど遊んでみたい」など、さまざまな方の参加を期待する。将来的にはワードバスケット日本選手権も開催したいという。

ワードバスケット公式サイト:参加方法

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください