『インジーニアス』8月中旬発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

ホビージャパンは8月中旬、R.クニツィアのタイル配置ゲーム『インジーニアス(頭脳絶好調)』日本語版を発売する。1〜4人用、8歳以上、30〜45分、3,990円。

シンボルが2つ表示されているタイルを袋から引き、ボード上に配置する。同じシンボルをつなげると、つながったシンボルの数だけ得点を獲得できる。得点はシンボル別に記録され、ゲーム終了時に一番得点が少ないシンボルの得点で競う。

ゲーム途中でのボーナスプレイや、最終得点計算方法など随所にクニツィアならではのひねりが加わっている。簡単なルールとパズル的なゲーム展開で、初心者でもすぐにプレイできる頭脳ゲームだ。

2004年にドイツ語版が発売され、ドイツ年間ゲーム大賞ノミネート、ドイツゲーム賞5位、オーストリアゲーム大賞スイスゲーム賞戦略部門1位、国際ゲーマーズ賞ノミネート、日本ボードゲーム大賞入門者部門と多くの賞を受賞。さらに今年になって第1回ドイツ・メンサ賞に選出され、ドイツ選手権が全国で行われたり、iPhoneアプリになったりするなど、発売6年後の今も人気が続き、カードゲーム版やコンパクト版も発売されている。

ホビージャパンの日本語シリーズでは『パンデミック』『砂漠を越えて』『サムライ・カードゲーム』『コロッサルアリーナ』に続くロゴまで日本語のラインナップ。今回は「大人から子供まで遊べる頭脳開発戦略ゲーム」というサブタイトルがひらがなルビ付で表記されており、小中学生への浸透も視野に入れる。

無料オンラインプレイはこちら、遊んだ人のコメントはこちら

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください