GameLink 4号発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

ボードゲーム専門誌の『GameLink(ゲームリンク)』第4号が7月31日に発売された。ライナー・クニツィア作の付録ゲーム3タイトルが付いて3,780円。取り扱いはアマゾンのほかボードゲーム専門店など。

今号の特集はボードゲームデザイナーのライナー・クニツィア。play:gameのけがわこと正田謙氏がガイドとなって、特に競りゲームを取り上げる。また付録の3タイトル『ビジネス』『シュートアウト』『キャッチミー』は海外の雑誌付録になったことのある短時間ゲームで、クニツィアのジレンマを手軽に味わえる。ほかにも同氏が寄稿した記事や、同氏の作品である『ツタンカーメン』や『キャメロット』のリプレイ記事など、クニツィア好きにはたまらない内容になっている。

また台湾のボードゲームイベント「Cool.con」レポート、OKAZUこと林尚志氏によるゲームマーケット2010の取り組み、ヤポンブランドの回顧録、『電力会社』『オートモービル』の攻略記事、新作レビュー、連載記事などますます充実の80ページ。

今号から発行がシュートザムーンからアークライトに変わり、10月発行の次号からB5版で隔月発行されることになった。定期購読は今号で一旦終了となり、未発行分の申込者には返金される。

GameLink公式サイト:第4号

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください