『マンマミーア』『コロレット』日本語版に

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

ボードゲーム専門店のメビウスゲームズ(東京・水道橋)は今月20日、カードゲーム『マンマミーア』と『コロレット』を日本語版で発売した。ともにアバクス社(ドイツ)製で、1500円。

『マンマミーア』はあやふやな記憶を頼りにトッピングを出してピザを作るゲーム。全員、手札からトッピングカードとレシピカードを出し、同じ山札にして重ねていく。手札がなくなったら、出した順に並べて、レシピの通りにトッピングが揃った人が得点する。U.ローゼンベルク(『アグリコラ』『ボーナンザ』)の作品で、1999年に発売され、英語版も出ている。2〜5人用、10歳以上、30分。

『コロレット』は7色のカードからできるだけ同じ色をたくさん集めるゲーム。手番にはカードをめくって場に並べるか、場から1列取るかのどちらかで、最終的に3色だけが得点、それ以上の色は失点になる。場のカードが増えていくのをどこで取るかが悩ましい。M.シャハト(『ズーロレット』)の作品で、2003年に発売され、ドイツ年間ゲーム大賞候補、ドイツカードゲーム賞1位などに輝いている。2〜5人用、8歳以上、30分。

どちらもカード自体はイラストだけで、言語依存しないで遊べるゲームだが、今回は箱に日本語のロゴと説明が入り、カラー印刷された日本語ルールが入っていることで、誰にでも遊びやすくなっている。

アバクス社の初版は開けにくいキャラメル箱式だったが、今回の日本語版は上箱と下箱に分かれていて収納しやすい。しかも日本語ルール以外入っていないため、ルールが厚すぎて箱がしまらないという事態も避けられる。

すでにお持ちの方も、箱やカードが傷んでいれば再購入を考えてみてはいかが。

メビウスゲームズ:マンマミーア
メビウスゲームズ:コロレット

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください