フェイス・トゥ・フェイス(Face to Face)

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

誰かに見られてる

目と鼻と口のパーツを並べて手札をなくすことをめざす配置ゲーム。手番には裏になっているタイルを1枚引いて、手持ちから1枚を場に配置する。ルールは簡単で、目と口は接してはいけないことと、接するタイルは同じ色でなければならないこと。誰かが手札をなくしたとき、残りの人がもっているタイルが得点になる。

ゲームが始まってすぐ、お互い邪魔するとゲームが終わらないことに気付く。そこで貴重な鼻タイルを積極的に出したり(出さないとすぐ手詰まりならぬ鼻詰まりになる)、鼻タイルの回りにできるだけ多くのタイルが置けるよう隙間を作ってあげたり。そんな協力プレイで、何とか山札がなくなるまでは行ったものの、結局全員置けなくて終了ー。

タイルは大きさも形もバラバラで、しかも引いてみるまで目か鼻か口か分からないので、戦略の要素はほとんどない。あえて言うなら、わずかな隙間に置ける小さいタイルを積極的に取ることくらいか。

そんな勝ち負けよりも盤面に現れたピカソのような顔、顔、顔のインパクトを楽しむのがよさそう。私は途中で気持ち悪くなってしまったが。ふうかさんは目のタイルを両目に当てて遊んでいたが、ゲーム中、皆おかしくなっていたようだ。

Face to Face
A.ベアード/アンテイムドゲームズ(2009年)
2〜4人用/8歳以上/30分
プレイスペース広島:フェイス・トゥ・フェイス
ふうかのボードゲーム日記:フェイス・トゥ・フェイス

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください