スナップショット(Snap Shot)

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

最後の詰めで大逆転

R.ドーンのアクションゲームということで注目していた作品。おはじきならではのハプニングと、障害物による足の引っ張り合いが楽しい。

ゲームの目標は、8枚のカードに指示されたミッション(ほかの色のコマに当てる、ボード上の模様に止まる)を達成し、かつ角にある宝石を2個ずつ集めてスタートに帰ること。カードのミッションを優先してもいいし、宝石集めと交互にやってもよい。

ボードは4枚のボードを枠で組み立てるようになっていて、中央に四角の壁があることで、周回しながら目標を達成することになる。しかしそれに加えて、可動式の棒とタイルが行く手を遮る。これがかなり邪魔。後半になると、タイルが同じところに寄ってきて、難攻不落のエリアが生じる。

ボード上に4つある模様に止まると、追加アクションコマ、宝石を返す、ミッションカード追加、棒を移動するという4つの特典がある。追加アクションコマを複数持っていることで相手にプレッシャーを与えたり、棒を移動して相手を袋小路に追い込んだりできる。しかしこの模様、ボードの中間にあって止まるための力加減が非常に難しい。

終盤はミッションを概ね達成し、宝石の調整となる。多すぎる人は宝石を返すマスへ、足りない人はその宝石がもらえるところへ急ぐ。コマが思わぬ方向に飛んでいって、要らない宝石が増えたりすることも。

キャロムよりももっと微妙な力加減が要求された。4つの模様になかなか止まれない。それでも壁の反射を利用したりして、ミッションをコンプリート。先にリーチしたぽちょむきんすたーさんが激しい妨害に遭う裏で、最後の宝石を手に入れゴール。ゴールしても1周の間、留まっていなければならないが、何とか猛攻に耐えて1位。

勝利条件がいくつかあることと、妨害の手段が充実していることで、指先の器用な人が逃げ切れるとは限らず、ドラマチックな展開がある。内容に比してお値段は高めかなと思うが、十分楽しませてもらった。

Snap Shot
R.ドーン/R.ドーン(2010年)
2〜6人用/8歳以上/30分
メビウスゲームズ:スナップショット

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください