エッセン4日目

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

会期は日曜までだが、私は今日が最終日。朝一番から通訳の事があったが、午後に3時間、夕方に2時間の自由時間があった。その間にメビウスおやじさんと『ブルゴーニュ(Burgund)』試作版(アレア)をプレイ。ダイスの目でタイルを選び、マイボードに置くことで特殊能力や勝利点を得るというゲームである。同じダイス目でも選択肢が数多く、どれが一番有効かを考えるのが楽しい。

それから今日到着されたジーピーの米川さんとお会いする。『カタン』携帯キャリーケース版をコスモスに売り込むのだという。ほかに『カタン』の全国展開計画など。いつもはいろんなゲームを広く浅くということが多い私だが、『カタン』ならば同じゲームに狭く深く入り込む価値がある。

夕方はふうかさん、karokuさんとハバの新作を試遊。『ターボチーム(Turbo Team)』はダイスでウンコの目が出るとバーストするレースゲーム。「ウンコ出ろ!」「ゲゲ、ダブルウンコ!」などと下品に盛り上がる。『ロビンフント(Robin Hund)』はほかの人の手札を記憶して宝を集めるゲーム。手札がどんどん移り変わっていくので記憶がなかなか難しい。

夜は、グループSNEの安田均氏、秋口ぎぐる氏ご一行とトルコ料理屋さんで会食。実は安田氏とお話するのは初めてである。これまでは遠くでお見かけする程度だったが、私の知らない日本ボードゲーム史や、今後のトレンドの推移など、興味深い話をお聞きできた。登場人物はいずれも知っている人ばかりで狭い世界だとつくづく思う。

宿に帰ると夕食パーティは終わっていたが、バネストの中野さんがゲストでいらしていたり、宿のショーコさんがすっかり溶け込んでいたりして、たいへん賑やかにしていた。荷物整理をしながらのんびりしているとこんな時間。毎日25時過ぎまでの夜更かしである。これから3時間ほど眠って、デュッセルドルフに向かう。

フェアプレイのスカウトアクションでは、『七不思議(7 Wonders・レポス)』、『トロワ(Troyes・パールゲームズ)』、『ザヴァンドールの鉱山(Die Minen von Zavandor・ルックアウトゲームズ)』あたりが票数と人気の両方を集めている。明日、明後日の結果も楽しみだ。


地下鉄エッセン中央駅。青い照明とも来年までお別れ

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください