GameLink 5号、アークライトから発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

アークライトは9日、ボードゲーム情報誌『GameLink(ゲームリンク)』の5号を発売した。サイズがコンパクトになり、お値段も下がって2730円。しかし内容は前号にも増して充実している。

特集は『電力会社』の作者でエキセントリックなゲームの帝王、フリードマン・フリーゼ。付録にはフリードマン作のカードゲーム『フォッペン(1995年)』と、『電力会社』追加発電所、またアークライトのオリジナルゲーム『ばるば★ろっさ』のプロモーションカードが入っている。その他『究極の人狼』や『レース・フォー・ザ・ギャラクシー』のリプレイ記事、各種連載記事など目が離せない情報満載。

私も「ドイツゲーム事情」という連載で今回はネットやリアル社会と融合するボードゲームを取り上げたので興味のある方はぜひどうぞ。

『GameLink』は池田康隆氏によって昨年10月に創刊された本格情報誌。創刊1周年を機に、発売元がシュートザムーンからアークライトに変わり、季刊から隔月刊に変わることになっている。

GameLink公式サイト

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください