『はやぶさ君の冒険』12月発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

カードゲームメーカーのワンドローは12月、オリジナルの新作『はやぶさ君の冒険』を発売する。1〜4人用、8歳以上、10〜60分、2000円(予定)。

2003年に打ち上げられ、7年間・60億kmにわたる旅を経て地球に帰還した小惑星探査機「はやぶさ」の足跡をたどるゲーム。プレイヤーははやぶさ運用チームの一員となり、「イオンエンジン停止」などのトラブルに対処し、小惑星イトカワを通って地球に帰還させる。はやぶさが無事地球に帰還すれば全員が勝利という協力ゲームだ。

基本システムは『ドミニオン』や『たんとくおーれ』に用いられているデッキ構築で、協力ゲームとして用いられるのは世界初。ゲームデザインはTCGヒット作『金色のガッシュベル!! THE CARD BATTLE』を手がけた中村誠氏が担当する。

さらにJAXA(宇宙航空研究開発機構)のサイトで公開されている「はやぶさ君の冒険日誌」作者が全面協力することで、実際のはやぶさが直面したトラブル、技術やアイデアが写真・CG・イラストで盛り込まれている。

先行発売は11月28日に東京・浅草で行われるテーブルゲームフェスティバルにて。その後、全国のボードゲームショップやネット通販で入手可能になる。

はやぶさをテーマにしたゲームとしては、大阪のネットショップa-gameが今夏に感謝セールのプレゼントに用意したハガキゲームの『オカエリナサイ はやぶさ君』がある。

ワンドロー:はやぶさ君の冒険

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください