BARBAROSSA、12/11限定発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

アークライトは12月11日、デッキ構築カードゲーム『ばるば★ろっさ』の実写版『BARBAROSSA(バルバロッサ)』を1000個限定で発売する。2〜5人用、12歳以上、60分、5,250円。

同社が今年6月に発売した『ばるば★ろっさ』と同じ内容で、第二次世界大戦におけるドイツ軍のソビエト連邦への侵攻作戦がテーマ。プレイヤーはドイツ軍指揮官となり、他のプレイヤーたちよりも大きな戦功を挙げるために競い合う。自軍の戦力となる自身のデッキを強化して、さらにカードを取得。ソビエト連邦の都市の陥落を狙う。

『ばるば★ろっさ』は萌え絵の女の子で占められていたが、実写版ではグランドパワー(株式会社ガリレオ出版)提供の写真を採用。プレイが進むにつれて、リアルなドイツ軍団がテーブルの上に展開される。また、同じカードでも、複数の写真バリエーションがあるカードもあり、写真点数は70点を超える。『ばるば★ろっさ』によるプロモカード、新規カードも追加される。

デッキ構築カードゲームに興味はあるけど、萌え絵のアニメキャラは苦手という方はチェックしてみよう。

また同社は『ばるば★ろっさ』の続編として『える★あらめいん』も12月18日に発売する。「砂漠の狐」ことドイツ軍の名将エルウィン・ロンメルの司令官として、敗走するイタリア軍を救済し、軍港都市エル・アラメインを目指す。2〜5人用、12歳以上、90分、4200円。

アークライト:ばるば★ろっさ公式サイト

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください