すごろくやのベスト8

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

TBSラジオ「ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル」(12月4日放送)で、ボードゲームショップ・すごろくや(東京・高円寺)の丸田康司店長が出演し、年末年始に遊びたい、注目ボードゲームを紹介した。

今回は8つのジャンルに分けてそれぞれベストゲームをセレクトして内容を紹介。2年前の放送で取り上げた定番を除いた、初めての方にもオススメというすごろくやさんの注目作は次の通り。

1.アクション系ゲーム部門:ジャングルスピード(仏Asmodee社-ホビージャパン、2700円)
2.ニューカマー部門:フォトパーティ(仏Cocktail Games-ホビージャパン、1570円)
3.アート系部門:ディクシット(仏Libellud社-ホビージャパン、4700円)
4.ここ数年で一番のメガヒット部門:ドミニオン(米Rio Grande Games-ホビージャパン、4700円)
5.温故知新部門:イチゴリラ(すごろくやオリジナル、1470円)
6.メイドインジャパン部門:藪の中(オインクゲームズ、1680円)
7.協力型ゲーム部門:パンデミック(米Z-Man Games社-ホビージャパン、4200円)
8.プレゼントにぴったり部門:ギフトトラップ(加GiftTRAP社-アークライト、4200円)

メイドインジャパン部門では、先月のテーブルゲームフェスティバルで発売されたばかりの推理ゲーム『藪の中』が選ばれた。前作の『ストレイシーフ』が愛好者の中で論争を巻き起こしたこともあって、話題作となっている(Togetter「藪の中」)。

すごろくやホームページ

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください