アレックス & コー(Alex & Co)

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

マニア以外お断りの神経衰弱

今年のエッセン国際ゲーム祭で発表された、デザイナーとその作品を集める記憶ゲーム。製作はヨーロッパ・ボードゲームコレクター・ギルド(ESG)で、ボードゲームデザイナー連盟(SAZ)が協力している。タイトルは故アレックス・ランドルフから名付けられた。

27名のデザイナーが登場。『イチゴリラ』と同じように、デザイナーによって作品数が異なり、トップはやはりドイツ3Kであるクラマー、クニツィア、(クラウス・)トイバーの6枚。次にランドルフ、ヴィティヒの5枚となっている。作品数が多いほど集めづらいところも同じ。

基本的なアクションは場札をめくること。ただし4枚までめくることができ、その中で同じデザイナーのペアができれば取ることができる。取っただけではまだ得点ではないところがポイントで、全部または過半数を取った時点で自分の前に公開して初めて、得点になる。

そのため、めくる以外にもほかの人の手札からカードを奪うアクションがある。指名してデザイナー名かゲーム名を言い、相手がもっていればもらえるが、これも記憶が必要だ。ランダムに1枚引けるスペシャルカードもある。

一応、背景の模様で識別できるものの、覚えていられるかどうかはどれくらいゲームを知っているかによる。ゲームを見てすぐデザイナーが連想できるくらいでないと厳しい。

F.フリーゼ好きのPsy+さんは『ファウナ』とか『むかつく友達、いきたくないパーティ』(やはり緑色だったりする)を集めて大喜び。私が大好きなS.ドラは入っていなかったが、ゲーム名すら知らないよなマイナーなデザイナーがいて楽しめた。

Alex & Co
M.エーベル、N.ノイヴァール作/ESG(2010年)
3〜6人用/10歳以上/30〜50分

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください