プレジデントFamilyでボードゲーム特集

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

教育雑誌のプレジデントFamily2月号(12月18日発行)に、「頭のいい子が夢中になった玩具45連発」という年末年始のプレゼント特集が掲載され、数多くのボードゲームが紹介されている。

特集は「数字に強くなるカードゲーム、パズル」「コミュニケーション力が育つテーブルゲーム」「遊びながら試験に役立つ知育ソフト」の3つで、筑波大附属駒場、開成、桜蔭、麻布などの名門中高の生徒がガイド役となっている。

紹介されているタイトルは、「数字に強くなるカードゲーム、パズル」で『マスマジシャン』『インジーニアス』『ヘックメック』『コリドール・キッズ』『ドメモ』『ロジップ』などの9タイトル。中でもすごろくやの『ストリーム!』はランダムに出る数字を昇順に並べる『フィニート!』のようなゲームで、近日発売となっているのが注目だ。

「コミュニケーション力が育つテーブルゲーム」では『ディクシット』『アイデンティク』『ワードバスケット』『ロメオ』『はやぶさ君の冒険』『どうぶつしょうぎ』など16タイトル。「小学生と新しいゲームをやるなら、ただ買い与えるのではなく、親がしっかりルールを把握して、一緒に楽しんで遊ぶこと。子供は大人と一緒に遊ぶことで、自分以外の考え方や行動に触れ、成長のきっかけをつかんでいくだろう。」とまとめる。

これらのゲームの入手先としてはすごろくやとアマゾンが案内されている。4年前にも同誌で「頭がよくなる玩具50連発!」という特集があったが、そのときは入手先が明記されていないボードゲームが多く、ここ数年で流通が格段によくなったことが分かる。

プレジデント社:Family 2011年2月号

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください