GET Naviでよしもと芸人がボードゲーム

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

流行アイテムを紹介する男性誌『GET Navi[ゲットナビ]』2011年2月号(学研、12月22日発行)にボードゲームの記事「テーブルゲーム ガチレポ!!」が掲載された。よしもとの"パーティゲーム芸人"ことNON STYLEと初恋タローによるライブ感たっぷりのレポートだ。

第1部「アドリブゲームでトークの瞬発力を問う!」で4人が遊んだのは、こじつけでピンチを切り抜ける『キャット&チョコレート』、左右の絵をあわせる『ジャジャーン!』、そしてリアルタイムしりとりの『ワードバスケット』。ボケとツッコミで軽快に遊びまくっている。

なお、『ワードバスケット』を遊ぶ動画はYahoo!バラエティ『NON STYLEパーティ』でクリスマスに公開されている。

第2部「頭脳派ゲームの盤上で棋力を試す!」では『どうぶつしょうぎ』を作った北尾まどか氏と藤田麻衣子氏がアブストラクトゲームのガチ対決。『クアルト!』『インジーニアス』『アバロン』をプレイし、感想を述べている。

ほかにも『ジャングルスピード』『はやぶさ君の冒険』『ごきぶりポーカー』『カタンの開拓者』が「コミュニケーション推進ゲーム」として、『ダズル』『ガイスター』『ゴブレット・キッズ』『ブロックス・デュオ』が「タイマン勝負ゲーム」として、『ドミニオン』『ディクシット』『ドラゴンディエゴ』がアワード作品として紹介されている。

大人も楽しむホビーとしてテーブルゲームが急浮上している理由として、同誌は人間相手のコミュニケーション、豊富なバリエーション、コストパフォーマンスの3つを挙げる。ゲームの紹介だけでなく、実際に遊んでいる様子を伝えることで、より引き付ける内容になっている。

ゲットナビ最新号

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください