『ホワイトチャペル』日本語版発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

ホビージャパンは本日、切り裂きジャックをテーマにしたイタリアのボードゲーム『ホワイトチャペル(Letters from Whitechapel)』の日本語版を発売した。2-6人用、13歳以上、60〜150分、5,880円。昨年10月のエッセン国際ゲーム祭で発表されたが、製造が遅れたため、日本語版が世界で一番早い発売となる。

19世紀末、ロンドンで発生した非常に有名な連続殺人事件。切り裂きジャックと呼ばれる殺人犯と、彼を止めようとするロンドン市警の必死の捜索を題材にしたゲームである。ジャックを演じるプレイヤーは、毎夜新たな殺人を実行して隠れ場所へ逃れようとする。一方で捜査員となる他のプレイヤーたちは、ジャックを追跡し、彼を逮捕する手掛かりを集めていく。正確な歴史考察に基づく雰囲気たっぷりのアートワークが雰囲気を盛り上げる。

一対多のシステムで、ドイツ年間ゲーム大賞受賞作の『スコットランドヤード』タイプのゲーム。同社ではイタリア統一を成し遂げた軍事家をテーマにした『ガリバルティ』に続く2タイトル目で、史実をゲームに盛り込むことによってオトナが楽しめる作品に仕上げた。

馬車や裏道を使用して追跡をかわしたり、有名な「ホワイトチャペルからの手紙」を出して捜査を混乱させることができるジャック。交通封鎖で移動先を絞り込んでいく警察。この恐ろしい獣を果たしてロンドン市警は狩り出すことができるのか?

Whitechapel Demo - BoardGameGeek Booth - Essen Spiel 2010 from Scott Alden on Vimeo.

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください