日本ボードゲーム大賞2010に『キャット&チョコレート』

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

NPO法人ゆうもあは本日、2010年の日本ボードゲーム大賞を発表した。全国412名の愛好者による投票で1位に選ばれたのは『キャット&チョコレート』。国産・海外産に限定しない投票になって3年目、初めて国産ゲームが選ばれたほか、上位を日本語版が独占した。

『キャット&チョコレート』は、幽霊屋敷に迷い込んだプレイヤーが、手札のアイテムカードを駆使してアクシデントを回避するカードゲーム。タイトルのように「ネコ」や「チョコレート」で絶体絶命のピンチを脱出するには、自由な発想とプレゼンテーション力が試される。というのも、回避できたかどうかを判断するのはほかのプレイヤーだからだ。会話と笑いが盛り上がるコミュニケーションゲームである。

TGW:キャット&チョコレート
Amazon.co.jp:キャット&チョコレート

2位の『電力会社』とは80ポイント以上の大差がついた。これまでの国産ゲームでは2009年が『どうぶつしょうぎ』の5位、2008年が『お先に失礼しま〜す』(オリジナルはフランス)の8位が最高。

2位以下は『電力会社』『レースフォーザギャラクシー』『ル・アーブル』『サンダーストーン』『ギフトトラップ』と海外ゲームの日本語版が並んだ。これによって、日本語訳付き海外ゲームは『フレスコ』の7位が最高となっている。

投票部門と並んで発表された選考部門の「ゆうもあ賞」は、『インジーニアス』『ギフトトラップ』『ドラゴンディエゴ』の3タイトルがノミネートされたが、今年は該当なしになっている。

【日本ボードゲーム大賞2010】
1位:キャット&チョコレート(川上亮 / Qvinta Essentia)350pt.
2位:電力会社※(F.フリーゼ / アークライト)269pt.
3位:レース・フォー・ザ・ギャラクシー※(T.リーマン / ホビージャパン)260pt.
4位:ル・アーブル※(U.ローゼンベルク / ホビージャパン)193pt.
5位:サンダーストーン※(M.エリオット / アークライト)169pt.
6位:ギフトトラップ※(N.ケレット / アークライト)
7位:フレスコ(Fresco / M.ルスコウスキ、M.ズーセルベック / クイーンゲームズ)
8位:ウボンゴ3D(Ubongo 3D / G.レヒトマン / コスモス)
9位:倉庫の街(Die Speicherstadt / S.フェルト / エガートシュピーレ)
10位:ばるば★ろっさ(吉澤淳郎 / アークライト)

【同ゆうもあ賞】
ノミネート:インジーニアス※(R.クニツィア / ホビージャパン)
  〃  :ギフトトラップ※(N.ケレット / アークライト)
  〃  :ドラゴンディエゴ(Diego Drachenzahn / M.ルートヴィヒ / ハバ)
※日本語版

世界のボードゲームを広める会ゆうもあ:日本ボードゲーム大賞2010結果発表!
〃:日本ボードゲーム大賞2010 ゆうもあ賞

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください