自宅ゲーム会

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

年度末の日曜日、自宅ゲーム会を開いた。仙台、福島方面からの参加は、交通手段がなかったり、復旧のお仕事でお忙しかったりしてまだ叶わなかったが、春はもう遠くなさそう。ガソリン不足の中、庄内から乗り合わせでお越しいただいたnagaさん、鴉さんと3人で遊んだ。

プレイしたゲームは以下の通り。詳細は後日紹介予定。

インガ(Inga / Grapac Japan, 2003)
人間とバンパイアのパーティで戦う国産ボードゲーム。人間とバンパイアは活動時間帯が異なり、重なる時間帯、片方しか活動できない時間帯によって、戦える仲間が変わる。仲間をあまり増やさずに体力をセーブした私が、全体攻撃で一気に勝負をつけて勝利。

どうぞどうぞ(Douzo Douzo / 中村玩具製作所, 2011)
フリーダウンロードで提供された震災支援カードゲーム。スートのないトリックテイクで、水、米、牛乳、トイレットペーパーは2枚以上取ると失点になってしまう。数字が0の「どうぞどうぞ」カードを使うタイミングがポイント。私は買い溜めというより買い占め状態でダントツ最下位。

アリアラ(Arriala: Canal de Garonne / Ludocom, 2010)
フランスの街で運河を建設するボードゲーム。アクションポイント制でコマを配置し、エリアマジョリティで得点する。石を置いてエリアを分割できるところが緊張感を生む。1ゲーム目はnagaさんが大勝。2ゲーム目はシビアな展開になったが私が辛勝。

マヤ・マッドネス(Maya Madness / Gamewright, 2003)
プラスマイナスのカードを出して、自分のシークレットナンバーにするカウントアップ系カードゲーム。カードは±5しかないのに、親切にも早見表がついている。鴉さんが5枚のシークレットナンバーを達成してあっさり勝利。

ホテル・アムステルダム(Hotel Amsterdam / The Game Master, 2009)
アムステルダムを訪れる観光客を市長と夜警で誘導して、自分のホテルの周辺に集めるゲーム。タイルは昼と夜の面があり、昼は学校だったのが夜になると売春街になったりする。鴉さんが最後に大量の観光客を移動して勝利。

ギャラクティコ(Galaktico / Pfifficus Spiele, 2009)
能力の異なる宇宙船で繰り広げる3人チェス。宇宙船は予めチューンナップでき、同じタイプでも相手によって強弱が異なる。また、多く倒している宇宙船に勝てば得点も大きいので逆転も容易。序盤はメッタ打ちにしたものの、鴉さんの大型宇宙船に勝つ宇宙船が私にはないことが分かり、宇宙ステーションが陥落して鴉さんの勝利。nagaさんの大型宇宙船なら相討ちになることが分かったが、間に合わなかった。

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください