スイスゲーマー賞に『世界の七不思議』

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

昨年の3月に始まり、今年2回目を迎えるスイスのボードゲーム祭ルデスコ(ludesco)は、第1回スイスゲーマー賞(Swiss Gamers Award)を発表した。スイス国内のボードゲームサークル14団体が、2009〜2010年に発売された新作の中から、『世界の七不思議(7 Wonders)』をベストゲームに選んだ。

2006年に休止になったスイスゲーム賞(Schweizer Spielpreis)に代わって、今年から制定された賞。サークル単位で投票に参加するという新しい仕組みを設けた。各サークルでは、メンバーで話し合って5タイトルを応募する。これに1位8点、2位5点、3位3点、4位2点、5位1点と配点し、合計得点から結果を決める。

チューリヒ、ベルン、ジュネーブ、ローザンヌなどスイス各都市から、14団体が参加した結果は以下の通り。昨秋発売されたばかりの『世界の七不思議』が、スイスでも高い評価を受けており、スイスを含むドイツ語圏で選ばれるドイツ年間ゲーム大賞、ドイツゲーム賞、アラカルトカードゲーム賞にも入賞する可能性が高そうだ。

【スイスゲーマー賞2010】
1位:世界の七不思議(7 Wonders / A.ボザ / レポス)30pt.
2位:ドミニオン:陰謀(Dominion, L'intrigue / D.ヴァッカリーノ / フィロソフィア)26pt.
3位:キクラデス(Cyclades / L.モーブロン、B.カタラ / マタゴー)24pt.
4位:スモールワールド(Small World / P.ケヤーツ / デイズオブワンダー)24pt.
5位:フレスコ(Fresco / M.ルスコウスキ、M.ズーセルベック / クイーン)16pt.

Swiss Gamers Award:Results

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください