サンダーストーン拡張1『精霊獣の怒り』日本語版発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

アークライトは28日、デッキ構築RPGゲーム『サンダーストーン』の拡張セット1『精霊獣の怒り(Wrath of the Elements)』日本語版を発売した。2〜5人用、13歳以上、45分、3,780円。

追加されたのは「ダンジョンの特色」カードで、モンスターに混じって落とし穴や毒ガスなどの「トラップ」や、新しいモンスター「ガーディアン」がダンジョンデッキに加えられる。これが出たら、全員が英雄を失ったり、呪文が使えなくなったり、手札を1枚ずつ廃棄し続けることになる。

また、新たなモンスター「ホード」は、同じモンスターが連続で登場。倒されるたびに体力が上がり、たくさん倒すほど高得点となる。そしてタイトルにもある邪悪な精霊たちの効果は強力。英雄を破棄してしまう「溶岩の拷問」、ほかのモンスターをダンジョンに返せなくする「蒸気の拷問」など悶絶必至。

迎え撃つ英雄たちもパワーアップした。明かりアイテムを破棄して魔法攻撃に変える「ブラインド」、村で病気カードを破棄できる「ディヴァイン」など7種類。全員に病気を与え、モンスターの体力を減らす強力な呪文「クリーピング・デス」、攻撃力の代わりに病気を得る「呪いのメイス」など、武器も多彩だ。一層激しさを増す攻防を制するのは誰か?

オリジナルの英語版は昨年発売され、BGGでは基本セット以上に高い評価を得ている。『サンダーストーン』は、これを含めて3つの拡張セットが発売されており、来月に4つ目も発売されることになっている。順次、日本語化されていく模様だ。

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください