すごろくや、『ストリームス』を発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

東京・高円寺のボードゲーム専門店すごろくやは本日、人数を問わず遊べる数並べゲーム『ストリームス』を発売した。居椿善久作、1〜6(∞)人用、6歳以上、10分、2100円。すごろくやのほか、テンデイズゲームズで取扱われている。

『すすめ!!海賊さん』『イチゴリラ』に続く同店のオリジナル作品。1〜30のカードを1枚ずつめくって、各自その数字を自分のシートのマスに記入する。すべてのマスが埋まったとき、昇順で並んでいる数字の個数で得点を競う。

ビンゴのように簡単なルールながら、どのマスに数字を書き入れるかで考える要素もある。マスが埋まってだんだん苦しくなっていく状況に、皆で盛り上がれるゲームだ。シートを人数分用意すれば何人でもプレイでき、同時に記入するため時間もかからないので、大人数でも楽しめる。

昨年のテーブルゲームフェスティバルから、『ストリーム!』という仮題で試作品が発表されており、ゲームマーケットを前にようやく製品版のリリースとなった。内容物はカード40枚、得点シート100枚、ロゴ入り鉛筆6本。得点シートは100枚100円で別売りもある。

高円寺0分:ストリームス

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください