『インカの黄金』日本語版、アークライトから発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

アークライトは6月中旬、『インカの黄金』日本語版を発売する。3〜8人用、8歳以上、20〜40分、2520円。

伸るか反るかの度胸を試す多人数ゲームの傑作『ダイヤモンド』(2005年)のリメイク。インカの黄金を探す探検隊の一員となり、危険を冒して進むのか、キャンプにとどまるのか、命を賭けたチキンレースを行う。宝を得て逃げおおせるか、失敗して全てを失うか。簡単なルールと多人数対応で盛り上がる。

デザイナーは『チケットトゥライド』のA.R.ムーンと『あやつり人形』のB.フェデュッティ。ドイツ年間ゲーム大賞では推薦リスト、アラカルトカードゲーム賞では4位にとどまったが、ゴールデンギーク賞でライト・パーティゲーム部門賞、オーストリアゲーム賞では多人数ゲーム部門賞、日本ボードゲーム大賞では入門者部門1位と高い評価を得ている。

この度の日本語版はアメリカのグリフォンゲームズによる新版で、同時公開の意思表示は木製コマではなくカードで行うように変更されている。

Gryphon Games:Incan Gold



コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください