『ジャングルスピード』日本語版、6月中旬発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

ホビージャパンは6月中旬、フランスのリアクションゲーム『ジャングルスピード』日本語版を発売する。2〜10人用、7歳以上、15分、2730円。

フランスではすでに100万セットを売り上げ、日本でもすごろくやでおすすめ1位(英語版。『アメージングテーブルゲーム』より)、先日の日経新聞のランキングにも入った(10位)作品がついに日本語版になる。

配られた自分の山札を順番にめくっていき、ほかの人と同じ形の図形が現れたら、その人同士で、テーブル中央のトーテムを相手よりも早くつかむ。遅かった方は捨て札の山すべてを自分の山札に加えなければならない。こうして先に自分の山札と捨て札のすべてがなくなれば勝つ。

図形が曲者で、類似の図形がたくさんあり、お手つきをしてしまうと全員の捨て札を引き取らなければならないというペナルティがある。この極度の緊張感が、かえって爆笑を誘うパーティゲームである。

非常にシンプルなルールと、広い人数対応、短いゲーム時間で、ファミリーやボードゲームになじみのない友達とも楽しめる。

従来の英語版と比べ、ベルギーで製造される日本語版は、パッケージとルールブックが日本語化されただけでなく、トーテムが木製になり、またカード裏面のイラストが変更されて、発売予定の新拡張セットに対応できるようにしてある。

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください