メビウスゲームズ、『ミッドナイトパーティ』日本語版を発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

メビウスゲームズは19日、『ミッドナイトパーティ(Mitternachtsparty)』日本語版を発売した。W.クラマー作、2〜8人用、8歳以上、20〜30分、3200円。小さい子供でも遊べ、人数の幅も広く、時間も長くないので遊ぶ機会が多いゲームが、安定して入手できるようになる。

お城のパーティに招待されたお客を、オバケに捕まらないように部屋に逃がすパニックゲーム。サイコロを振って、出た目だけ自分のコマを進めるが、オバケの目が出るとオバケが3歩進む。オバケは地下室の奥から出てきて、捕まったお客は地下室に閉じ込められてしまう。その前に、周りにある部屋に逃げ込みたいところだが、各部屋定員は1人だけ。無事に逃げこむことはできるだろうか。

オバケが進む確率は3分の1だが、確率通りにいかないところがポイントで、まったく動かなかったり、いきなり連続で動いたりと、まるで意志をもっているかのよう。また、オバケのコマの中にお客をすっぽりかぶせる仕掛けも楽しい。

初版は1989年にラベンスバーガー社から発売され、ドイツ年間ゲーム大賞の候補作品に選ばれた。その後2003年にアミーゴ社が再版したが、すでに絶版になっている。このたびの日本語版は、絶版の連絡に対してメビウスゲームズが掛け合って実現した。コンポーネントに日本語化する箇所はないが、箱とルールが日本語になって手に取りやすく、遊びやすくなっている。

NPOゆうもあが初心者・キッズ向けに薦めるゆうゲームズに選ばれたこともあるファミリーゲームの定番。探していた方に朗報だ。

メビウスゲームズ:ミッドナイトパーティ

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください