アップ・ザ・リバー(Fluß aufwärts)

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

ゴールは目前なのに遠く

どんどん流れていく川を上るすごろく。強制ストップの中洲や、もう1回進める大波を計算に入れて、自分の3隻のヨットのどれを進めるか考えよう。20年以上前のゲームで、日本語版も発売されていた。2002年にハバ社から『マラケシュ(Marrakesh)』というタイトルでリメイクされた。

川の流れを表すのはタイル。全員1回ずつ手番を行ったら、川下にあるタイルを川上に移動する。相対的にコマは1マスずつ下がるわけで、川に流される様子がよく出ている。

はじめに与えられるヨットは1人3隻。自分の番にはダイスを振って、1隻だけ進める。進まないでいると、タイルがどんどんなくなっていって滝つぼに落ちてしまう(復活しない)ので、後方優先でいきたい。でも、ゴールは着いた順に得点が高い。1隻くらいあきらめてトップを目指すか、全体的に進めて着実に得点するか。

タイルの中には中洲があり、ここまできたら残りの目がなくなる。滝つぼが後ろに迫っている時などは焦る。一方、大波タイルは追加で3マス進める。ここに止まる目を逃さないようにしたい。

子供たちとプレイ。1つ滝つぼに落ちたが、残りでトップを取って1位。長女は全部生き残り、最後まで手番を行っていたので勝つかと思ったが、到着が遅れたので得点が伸びなかった。シンプルなすごろくだが、どれを進めるかはなかなか考えさせられる。

Fluß aufwärts
M.ルートヴィヒ/ラベンスバーガー(1988年)
2〜4人用/6歳以上/20分
ゲームストアバネスト:マラケシュ
プレイスペース広島:マラケシュ

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください