海賊の黄金(Piratengold)

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

海上は一寸先が闇

海を回ってお金を集めて帰る航海ゲーム。アジトに帰るまで宝は確保されず、ほかの海賊に奪われるかもしれない。コンポーネントが圧巻なルドアートの作品で、金属製のコインを、木製のコマに積めるようになっている。

毎回、風向きと船の進む数をダイスで決める。ボード上に方角があり、±45度でしか移動できない。この縛りがきつく、宝はあちこちに落ちているのでまだ拾えるが、アジトまで帰ってくるのは至難の業。そのため、風向きを無視できるアクションカードを効果的に使う。

ダイスを振った後と、手番プレイヤーが船を進めた後に、全員がアクションカードをプレイできる。風向きを変えたり、ほかの船のいるところまでワープしたり、相手の出したカードを無効にでしたりと効果は強力で、何枚でもプレイできるがむやみには使えない。始めに配られるのは3枚だけで、あとは船で「?」のマスに止まらないと補充できないからだ。

海に落ちているコインは1〜3の価値があり、そこに着いてめくってみるまで分からない。船には4枚まで積むことができ、アジトに帰れば下ろせる。合計で7〜9のコイン(プレイ人数によって変わる)を先に持ち帰った人の勝ち。

先に1回持ち帰ったふうかさんが、残りの宝を積んで悠々帰還…かと思ったら風向きが変わり、吹き溜まりにはまってしまう。その間に、1回も帰っていない私が、karokuさんから再三の襲撃をカードプレイで跳ね返して帰還。風向きのままならなさと、カードの意外な効果で盛り上がった。

Piratengold
J.J.ボマー/ルドアート(2004年)
2〜4人用/8歳以上/30〜45分
国内未発売

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください