『モダンアート』、アンティーク切手ゲームに

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

東京・中野のボードゲーム専門店ドロッセルマイヤーズ、話題の国産ゲームを制作しているオインクゲームズ、東京・立川のボードゲーム輸入卸ニューゲームズオーダーは6月12日、R.クニツィアの名作オークションゲーム『モダンアート』を三社合同でローカライズし、『スタンプス』として発売する。3〜5人用、10歳以上、45分、3800円。

ニューゲームズオーダーが版権を取得し、オインクゲームズとドロッセルマイヤー商會に制作を依頼。『藪の中』などで定評のあるオインクゲームズがアートディレクション、ボードゲームのモノとしての魅力を提示するドロッセルマイヤーズが総合プロデュースを担当。アンティーク切手をオークションで購入し、人気とレア度によって変わる価格で売って儲けるゲームが完成した。

『モダンアート』は1992年にドイツのハンス・イム・グリュック社から発売された。5種類の競りが楽しめる、オークションゲームの決定版として高い評価を受け、ドイツ年間ゲーム大賞ノミネート、ドイツゲーム賞1位を獲得。その人気は20年近くたった今も衰えず、アメリカ、北欧、中国でローカライズ版が発売。2009年にはドイツでもリメイクされている。

このたびのローカライズでは、絵画のカードを、コンパクトな切手タイルに変えた。ゲームシステムには一切の変更を加えず、「人に見せたい」「持ち歩きたい」「懐かしいのに新しい」ゲームを目指したという。70枚の切手イラストは全て描きおろしで、建築物、乗り物、植物、動物、人物の5種類にカテゴライズされる。紫色の小箱にきっちり収納でき、持ち運びにも便利だ。

ゲームマーケットが初売りで、ゲームマーケット後はドロッセルマイヤーズをはじめ、ボードゲーム専門店で取り扱われる予定。

ボードゲームおっぱい:スタンプス(前編)

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください