自宅ゲーム会

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

梅雨の日曜日、自宅ゲーム会を開催。2週間前に行われたゲームマーケットの新作を中心に遊んだ。遠路お越しいただいたのは、くさのまさん、carlさん、神尾さん、ぽちょむきんすたーさん、nagaさん、鴉さん、スネークさん。震災後、コミュニケーションゲームばかり遊んでいるような気がするが、嬉しいことに、ゲームマーケットでもコミュニケーションゲーム、パーティゲームが多く発売された。

擬人化総選挙(OKAZU Brand)
耳とか土曜日とか専門学校とか、人間でないものがエントリーする選挙で、お題に合わせてどれが一番かを皆で決めるゲーム。最初は途方にくれそうになったが、そのモノのどこをクローうアップするかでだんだんコツが分かってきた。

グッドプライス!(OKAZU Brand)
値段に合ったアイテムを提案するゲーム。1500円・コート→しまむらのコート、7万円・大根→レディ・ガガが八百屋で買った大根とか。適正価格であるだけでなく、みんながほしがりそうなアイテムにするところがポイント。大喜利系でセンスが問われる。

ろくでなし(Fiesling / フッフ&フレンズ)
「しつこい」「品行方正」などの性格がどれくらい合うかでヒントを出して、プレイヤーの誰がお題かを当ててもらうコミュニケーションゲーム。ダイレクトにプレイヤーをいじるので戸惑いもあったが、第一印象でも勝負できることが分かるとどんどん盛り上がった。

未確認生物テレビ(ピグフォン)
見たこともない生き物をスケッチして、お題に合わせてリポートするゲーム。スケッチはシャッフルして配り直すので、誰が書いたか分からないところがポイント。でっち上げも限界を超えるような奇抜なスケッチに絶句する場面も。即興でしゃべる力が養われる。

CMソングメーカー(ゲームストアバネスト)
クライアントが提示した会社・団体に、作詞者が七五調でCMの歌詞を考えるコミュニケーションゲーム。歌詞は上の句と下の句を別の人が担当するので、思わぬマッチングが楽しい。無料で配布されたゲームだが、今回一番盛り上がった。

ぽんこつペイント(ぽんこつファーム)
お題を、直線と円だけで表現するイラストゲーム。画数が少ない人が優先だが、少なすぎると何を描いたか分からない。分からないときは、どんなに画数が多くとも分からない。イラスト力ではなく、図形認識力が問われるのか、チャレンジ魂を大いにくすぐられる。

ブロッカーズ(Blockers! / アミーゴ)
アルファベット・数字・図形に合うところに自分のタイルを置いて、できるだけつながるようにする配置ゲーム。ばらばらにやってくるタイルを、うまく整理してつなげるのは難しく、しかも盤面が狭くて終盤は悶絶。いいゲームだ。

クワークル(Qwirkle / シュミット)
内容はこちら。タイルをパターンが揃うように置いて得点するゲーム。パズルの楽しさと、麻雀のようなスリルが両方味わえる。

モンスター落とし(Monster-Falle / コスモス)
内容はこちら。通らなければいけない家具を毎回決めるバリアントで。大人がやると、先の先を読んでバーを移動するので早い…はずが急いでコマが倒れる。

もぐりイモムシ(Da ist der Wurm drin / ツォッホ)
内容はこちら。穴馬狙いをしてみたが外れて最下位。

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください